Xmarks 代替はこれだ!!

7年ぐらい前からブックマークの同期ソフトとして「Xmarks」をずっと使ってました。
数年前から有料になったのだが、もはや依存度が高く、Paypal経由で支払ってまで使ってました。
それが、先日、サービスを終了するとの告知が!!!

1ヶ月ほど、同期なしで仕事(生活)するものの、やはり代替サービスが欲しいといろいろ試してみました。

Eversync
これは、はじめから有料だったので、後回しにしました。
無料もあるみたいですが、制限が多いようです。

syncmarx
Google Chromeのエクステンションで、すぐに使えそうだったので試してみました。
メインのデスクトップ(Mac)とサブのMacbookのChromeに入れてみたのですが、何度試してもエラーが出てしまいました。
理由がよくわからないので、使うのを断念。

Floccus
設定がややこしそうだったので、後回しにしました。

ymarks
これも、設定がややこしそうだったので、後回しにしました。

xBrowserSync
結局、たどり着いたのは、これ。

https://www.xbrowsersync.org/

このページの最下部の「Chrome Store」ボタンをクリックしてエクステンションに追加。
その場で決めたパスワードを入れると、IDが発行される。
2台目を開始するときは、got an ID をクリックして発行されたIDを入力。
すぐに使えました。

という事で、私は、「xBrowserSync」がおすすめです。

※追記
使って半年以上たって思う事です。
いつのまにか、ログアウトされてしまう事があります。(理由はよくわかりませんがログアウトされているとアイコンで判断できます)
その状態で使っていると、複数のデバイスで異なるブックマークの状態を続けてしまうと、どちらかのブックマークを破棄しなくてはなりません。
そうならないために、常にログインしている状態を確認した方がよいでしょう。

※追記
使って1年以上たって思う事です。
上記の問題はいつのまにか解決されているようです。
2018年1月時点では、同期の問題も特になく、快適に使ってます。

テキスト修正時の修正前と修正後の比較サイト

顧客から、ウェブサイトのテキストを修正してほしいという依頼がきたとき、真っ赤な赤字でこられるよりも、テキストを段落ごと差し替えてくれといった依頼の方が助かる事が多いです。

ただ、問題は、どの部分を修正したのかが、わからないといった問題がでてきます。
当然、一字一句比べればよいのですが、なかなかそこまでやりませんよね。

今回の依頼は、サイトのイントロ文で、これが、META TAG(description)にも影響があるかもしれないという事で、比較するサイトはないかと探してみました。

ありました。

https://difff.jp/

便利なサイトだと思うので、ブックマークしておきました。

「winmail.dat」が添付されてきた場合のMacで対処法

クライアントからのメール添付がたまに、「winmail.dat」という謎のファイルになっていて、対処が困難な状況になったります。

以前は、「私はMacなので、できれば、外部のファイルストーレッジに上げて支給していただきたい」との旨を伝えておりました。

たかが、一つのファイルをストレージにアップするのも先方も面倒ですし、なんとか楽な方法はないかと調べてみました。

見つけました。。。

http://winmaildat.net/

↑このサイトいいです。

そのまま、「winmail.dat」をアップすると、元のファイルにしてダウンロードできます。

セキュリティ的にどうなのか気になるところではありますが、
一応、「送信されたデータを当社が収集することや、第3者に漏らすことはありません。」と記載されているので、信じる事にします。

さくらのレンタルサーバでWordPressをSSL化する際の手順

先日、このサイトをSSL化したところ、リダイレクトしてしまい、「このページは動作していません」と表示されたり、管理画面にアクセスできなかったり、レイアウトが崩れる等の問題が起きてしまい焦ってしまいました。

本当のやり方は、以下のページを参照した方がよいです。

さくらの無料SSLを以下の説明のように設定してみました。
https://help.sakura.ad.jp/hc/ja/articles/115000136822

この設定のみで、サイトの頭のhttp → httpsにして、アクセスできる事を確認できます。

ただ、アクセスできるだけで、保護されたページにはなってません。

続いて、ワードプレスプラグインをダウンロードして、稼働させます。

https://help.sakura.ad.jp/hc/ja/articles/115000047641

最後に、設定→一般のURL入力欄が「https://XXXX」になっていれば、OKです。

もしも、「このページは動作していません」と表示してしまう問題が起こった時は、以下のサイトがすごく参考になります。

https://qiita.com/tabimoba/items/64ef60412abe7ad6f0ac

私の場合は、これでなんとか解決できました。