意外と知らない人が多いYouTubeの早送り/巻き戻しのスキップ機能(PCとスマホ)

恥ずかしながら、最近知った事です。
友人とあるYouTube動画をiPadで見ていた時の事。

同じ場面をもう一度、巻き戻しをしようと僕が画面下の横長のスクロールツマミをいじってたら、その友達が、「スキップ機能しらないんですか?」と。。。。。

一瞬「えっ!そんな事できるの?」と思いましたがすごい簡単でした。

画面の右側あたりを指でちょんちょんとタップするだけで、できるんですね〜
同じく、左側をタップすると巻き戻してくれます。
ちなみに、2タップ毎に10秒スキップしてくれます。

スマホやタブレットでできるのなら、PCでもできるだろうと、PCで同じ事をマウスでやってみました。そうしたら、動画が一時停止するだけできませんでした。
その後、調べてみたら、

PCの場合は、キーボードの「L」で早送り、「J」で巻き戻しができます。

今まで、PCでもスマホでもスキップ機能がないものと勝手に決めつけていたので、恥ずかしいです。。。。

余談ですが、今どきって、昭和のビデオ時代のように「早送り」とか「巻き戻し」とかって表現するのかって思ったのですが、かろうじて死語になってないのかな? でもいずれは死語になるんでしょうね。。。。

G Suite に変えたが Outlook でエラーが出る件

先日、従業員5名の会社のメールサーバを G Suite に引っ越すお手伝いをしました。

僕自身のPCはMACなので通常のgmail同様に比較的スムーズに接続できたのですが、僕以外の全てスタッフがWindowsで「Outlook」を使用していてますが、少し前の環境なのか、誰も接続できないという報告を受けました。

こういう時に、非常にありがたいのは、電話サポートです。
メールでやりとりすると、「パスワードやIDの入力は間違ってませんか?」等の回答になってしまい、こちらは、基本的な設定や打ち間違いがない前提で連絡しているので、余計なやり取りが発生してしまい、ストレスに感じるものです。

なので、いきなり電話サポートなのです。

Googleのスタッフはとても親切に問題解決のために向き合ってくれる印象を受けました。

一般的に、10年ぐらいのオンラインサービスや家電のサポートは、専門用語と冷血なオタクっぽいサポートスタッフが、「またクレーマーだよ」って感じの対応してくる印象でしたが、最近はいかなる連絡にも真摯に対応する風潮があるように思います。これはよい事だと思います。

話を本題に戻します。

すぐに解決すると思って利用した電話サポートなのですが、結論から言うと、古いOSとOutlookでは、G Suite でメールが受信ができませんでした。

「G Suite」自体が頑強なセキュリティをベースにソフトを提供しているため、google側のスタッフも、何をすれば、この現象が解決するといった情報が全てにおいてわかるわけではないという事です。

つまり、これらの細かい情報が開示されると、それに漬け込んでセキュリティの穴を狙ってくる輩がいるので、これについては、私も理解しました。

最終的な代替策として、私が調べたところ「Thunderbird (サンダーバード)」というメーラーに切り替える事で、事態は終息したのですが、この経験を私なりにまとめてみました。

 

●基本的な設定はできている自信がある場合は、はじめから電話サポートを利用する。
→無駄な時間が省けます。google側のスタッフは素晴らしい対応です。
→受信設定や送信設定を変更する事で開通するケースがある。

●5年以上前のOSやメーラーの場合、利用できない場合がある。
→こちらのケースで言うとOutlook 2013でした。
→ただし、Google側は設定によってはOutlook 2013でも使えるケース多々あり、私たちの問題は例外だったと説明されました。
→メーラーが使えてもOSが古いとストレージ機能等が使えない場合がある。

●ウィルスソフト等が干渉している場合がある。
→案の定、ウイルスバスタークラウドが稼働していたのですが、設定をOFFにしても状況は変わらなかった。

●「Outlook」がどうしも使えない場合は、「Thunderbird (サンダーバード)」に移行する。
→長年使い慣れたソフトを他のソフトに切り替えるのは抵抗があるのはわかりますが、gmailの利便性や安全性を考えるとよい決断をしたと思います。

 

この問題と向き合って10日間ぐらいたっていたので、そのように決断しました。
物事がスムーズに行かない時ってストレスに感じますが、また一つ勉強になりました。

amazonを装ったアカウント検証メールがしつこい…

今年に入ってから、毎日のように、アカント認証をしてくださいという変な日本語のメールが届きます。
しかも、アマゾンに登録していない全然関係ないメールアドレスに届くのです。

内容はこういうもの。

———–

ご注意ください!
大変申し訳ございません、あなたのアカウントは閉鎖されます。あなたのアカウントAmazonを更新できませんでした、これは、力ードが期限切れになったか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。

Amazonをご利用いただきありがとうございますが、アカウント管理チームは最近Amazonアカウントの異常な操作を検出しました。アカウントを安全に保 ち、盗難などのリスクを防ぐため、アカウント管理チームによってアカウントが停止されています。
24時間以内にあなたの情報を更新しない場合、アマゾンアカウントで何ができるか的を絞ってください。{ご注意:24時間以内にお客様からのお返事がない場合にはアカウントはロックされます。

アカウント検証
なぜこのメールを受け取ったのだろうか?
この電子メールは、定期的なセキュリティチェック中に自動的に送信されました。当社はお客様のアカウント情報に完全に満足しておらず、引き続きサ ービスを継続的にこ利用いただくためにアカウントを更新する必要があります。
Amazonカスタマーサービス
またのご利用をお待ちしております。
Amazon.co.jp

———–

この日本語の精度で実際にログインしてしまう人がいるのだろうか〜
1000人に一人ぐらいはいるのかもしれない。。。。

先日も、友人から連絡があって、高齢のお父さんが、詐欺にあって困っているという内容の相談を受けました。

ReviverSoft という遅いPCが早くなるというソフトらしいが、これをインストールして稼働するところまでは、普通のソフトらしいが、なぜか、このソフトをインストールしてから、毎月5000円ぐらいのわけなのわからない請求が次々に来るそうです。半年ぐらいで、なんと合計3万円ぐらい払っているとか。

クレジット会社に相談したところ、理由はよくわからないが、保証はできないみたいなので、やむなく、クレジットカードを止めて対処しました。

クレジット会社は、あきらかに不正使用の場合は、保証してくれるが、このケースは、ソフトを最初にインストールしているため、合意の上で請求されているという理屈なのか保証はないみたいです。(残念!!)

———–

こういうメールも来たことがあります。

「私は国際的なハッカーグループの一員です。」という一文ではじまるメール。

あなたのパソコンを完全にのっとっていて、ポルノサイトを見ていた事やカメラで録画しているものをあなたの友人や親戚に公開するぞという脅迫じみた内容。

問題は、この詐欺グループは、ビットコインで$550の支払いを要求しているのだけど、ハードルが高すぎるなと思わず笑ってしまいました。。。。。。

そもそも、PC慣れしていない人への詐欺メールなのに、ビットコインで支払えはあまりにも高度すぎるからだれもひっかからないと見ていたが。。。。。。

ビットコインの場合、犯人が提示している転送コードをこのようなサイトに入力すると、そのコードでどのくらい取引があるかがわかる仕組みになっています。いわゆるブロックチェーンってやつですね。

https://www.blockchain.com/ja/

ビットコインの転送先のコードをビットコインの取引サイトで検索してみたら、なんと9件も支払っている人がいました。(驚愕!!)

このメールをみて、焦ってしまう人がいるのですね。。。(笑)

———–

最近は、高齢の方でもSNSやメールの利用も増えていると思いますが、悪質な詐欺も多くなったように思います。

自分は、ひっかからないと思っても高齢者がひっかかるケースもあるので気をつけたいですね。
ちなみに、うちの父親は、アドビのイラストレーターは使えるので、メールぐらいは楽勝と思ってたのですが、メールに関しては何度教えても理解してもらえず、メールでのコミュニケーションは諦めていました。
結果的に、これでよかったのかもしれない。

【トラブル】Mac プレビュー.appはすでに閉じられています。

Macユーザーなら誰しも普通に使っているデフォルトのアプリ「プレビュー.app」だが、以前から、わけのわからないエラーが表示されるのが気になってました。

特に、デジカメの写真を整理するために、JPGファイルを大量に開いたり閉じたりしている時に起こります。

「アプリケーション プレビュー.app はすでに閉じられています。」

このダイアログが出ると、それ以降のファイルを開こうとしても、このエラーの表示で開けないのです。
強制終了や「プレビュー.app」を再度クリックし直すとしばらく正常になるのですが、結構うざい問題なのです。

検索して、解決方法を探してみたのですが見つからず、代替案を考えました。
制作の仕事をしているし、写真も趣味でたくさん撮るため、もっと快適にJPG閲覧はできるアプリはないものかといつも思ってました。

20年ぐらい前にフォルダの中をのファイルをまとめて閲覧できて、ゴミ箱ボタンもついていて写真整理にとても便利なフリーウェアがあったのですが、いつのまにかなくなってしまい、10年ぐらい前から「プレビュー.app」を使っているのですが、個人的には今ひとつ使い勝手が悪いというのが印象です。

いろいろ調べてみると、「LilyView.app」がよいの評判を見つけました。

このアプリは、無料ではないです。600円します。
今までの感覚だと、閲覧ソフトで600円は少し高いと思ったのですが、買ってみました。

使いごこちは、評判どうりサクサク見れるのがとてもいいです。
ただ、動画ファイルとかは同時に見れないので、今後の進化に期待したいところです。

このソフトを入れてからは、JPGのファイルを適当に選んで「コマンド+i(アイ)」で情報を開き、この部分を「LilyView.app」に変更して、「すべてを変更」ボタンをクリックすると、JPGファイルは、これ以降、ファイルをダブルクリックするだけで「LilyView.app」で閲覧する事になります。

ちなみに、メインのPC用にAppstoreで購入すると、サブもノートに追加料金なしてダウンロードできました。

https://itunes.apple.com/jp/app/lilyview/id529490330?mt=12

私は、600円の価値はあると思いますが、反対の意見等あったら、コメントお待ちしております。

●追記(2019年2月15日)
しばらく快適に使っていたのですが、私の環境では、「LilyView.app」でも同じように「LilyView.app はすでに閉じられています。」というエラーが出てしまう事に気付きました。
なので、このエラーの解決策になってませんでした。本当にすません。
でも、このソフトはサクサクと動くので引き続き使ってます。